LP-20170220

〜 特別対談 〜 Forbes JAPAN副編集長兼WEB編集長 谷本 有香 × ATAIRU JAPAN代表  川嶋 治子
トニー・ブレア元英首相はじめ
世界のトップオブトップと呼ばれる世界的なリーダー1000人以上に
直接インタビューを重ねてきた谷本有香氏と、
世界的に女性役員登用率の高い欧州より女性リーダー育成プログラムを日本に導入した川嶋治子の
2名が議論する“これからの女性リーダー、真のグローバルリーダー”とは?
 
女性が自分らしく幸せに輝き、かつプロフェッショナルとして、
世界を変革していく変革リーダーとして在るための秘訣に迫ります。
 
女性活躍推進を絵に描いた餅に終わらせず、
女性が真のリーダーシップを発揮し、
ダイバーシティを実現する為に企業の未来にとって重要なこと、
変化する日本社会のあり方についても掘り下げます。

当日お話しする内容(予定)

  • これからの女性リーダーとは?
  • 真のグローバルリーダーとは?
  • 表面的な女性活躍推進ではなく、真の女性リーダーが日本から誕生していくために重要なこととは?
  • 真のダイバーシティ実現のために企業にとって必要なこと
  • 欧州のグローバル企業で女性役員たちは何を学び、何を身につけているのか?
  • 女性活躍推進のために欧州ではスタンダードとなっている、意外な盲点とは?
  • 世界の一流リーダーのあり方から学ぶ、リーダーであるために女性自身が身につけ、考えるべきポイント
  • 欧米と日本におけるリーダー・女性リーダーのあり方の違い
  • 日本だからこそできる、世界に誇れる唯一無二の女性リーダー誕生の可能性について
  • 働き方・生き方・・・唯一無二の自分のスタイルを作るヒント

こんな方にお勧めです!

  • 女性ならではのリーダーシップを身につけたい方
  • 女性の生き方・働き方について新たな視点を得たい方
  • リーダーとしてチームをまとめている30代・40代の女性リーダー・幹部候補の方
  • もっと女性の力で会社と社会に貢献したいと考えている女性役員、女性経営者、女性起業家の方
  • 経営者、役員、管理職の方
  • 人事、社内人材教育ご担当者
  • 女性活躍やダイバーシティ推進に関心のある方
  • グローバルな働き方の視点を身につけたい方
  • グローバル人材の育て方に興味のある方
  • 教育関連事業の方
  • 自身の働き方や、チームとして働くことへの課題を抱えていらっしゃる方

男性の方、人事担当者の方のご参加も歓迎いたします。

開催概要

日  程:2017年2月20日(月)
時  間:19:00〜21:00
開  場:18:30
開  会:19:00
会  場:紀尾井フォーラム
住  所:〒102-0094
     千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
最寄り駅:
地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」下車 D.紀尾井町口
地下鉄半蔵門線「永田町駅」下車 7番出口
地下鉄有楽町線「麹町駅」下車 2番出口
地下鉄丸の内線・南北線「四ッ谷駅」下車
JR「四ッ谷駅」下車 麹町口

アクセスの詳細を見る

当日は会場からのご質問にもお答えします。
Q&Aタイムもお楽しみください。


参加費

VIPチケット 5名 50,000円
川嶋治子特別グループコンサルティング+対談動画つき
(通常のグループコンサルは6回で45万円~)
プラチナチケット 10名 9,000円
対談動画つき
一般チケット 7,000円

満員御礼(募集終了)
定員になりましたのでお申し込みを締め切らせていただきました。
誠にありがとうございました。

谷本有香プロフィール

フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB編集長 
主な経歴

証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事し、2011年以降はフリーのジャーナリストに。
 
これまでに、トニー・ブレア(元英首相)、ハワード・シュルツ(スターバックス会長兼CEO)、スティーブ・ウォズニアック(アップル共同創業者)、ジム・ロジャーズ(個人投資家)、ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)をはじめ、1,000人を超える世界のVIPにインタビューした実績をもつ。
 
フォーブスジャパン副編集長 兼 WEB編集長。跡見学園女子大学マネジメント学部兼務講師。
 

受賞歴

・日経映像2010年度年間優秀賞
「ザ・経済闘論×日経ヴェリタス~漂流する円・戦略なきニッポンの行方~」
・日経CNBC社長賞
「緊急スペシャル リーマン経営破たん」
 

主なインタビュー

・トニー・ブレア(元英首相)
・ハワード・シュルツ(スターバックス会長兼CEO)
・ジム・ロジャーズ(個人投資家)
・スティーブ・ウォズニアック(アップル共同創業者)
・マイケル・ポーター(ハーバード大学教授)
・ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)
・マイケル・サンデル(ハーバード大学教授)
・柳井正(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)
・永守重信(日本電産代表取締役社長)
 

出版



 

メッセージ

「女性が輝く社会へ」というけれど、女性たちはとっくに輝いていると思うんです。その輝きに気づかなかった、または、それを見ようとしなかった社会のあり方が、実は問題だったのかもしれません。
 
ただ、これまで世界の多くのトップリーダーたちにインタビューをしてきた中で感じるのは、もしかすると私たちは、その「輝き」の表現の仕方が弱かったり、足りなかったり、やり方を少し違えていたようにも思えます。
すでに輝いている女性たちへ、そして、これからその輝きを社会に還元していかなければならない皆様にこそ、私が見、知り得た世界のリーダーたちの姿をお伝えできたらと思います。
治子さんと共にオフィシャルに登壇するのは今回が3回目。
そのいずれも、女性の働き方、生き方、そして、女性リーダーのあり方を議論させて頂きました。
 
今回、更にパワーアップされた治子さんとの対談、心から楽しみにしております。

川嶋治子プロフィール

Institute of Women’s Leadership Founder/CEO
ウーマンズ リーダーシップ インスティテュート 株式会社 代表取締役
オーセンティック・リーダーシッププログラム ATAIRU JAPAN 代表 
主な経歴

市長秘書を経て、現職。
グローバル企業における女性役員・上級管理職(エグゼクティブ・ポジション)以上の女性達へのオーセンティック・リーダーシップトレーニング及びメンタリングを提供する唯一の日本人コーチ・トレーナー。
これまでのトレーニング実績は国内上場企業及びグローバル企業40社以上、若手層から経営層までのべ10,000人を超える。
 
2015年、グローバル企業におけるCEO・上級管理職(エグゼクティブ・ポジション)以上の女性達へのリーダーシップトレーニングを提供する「オーセンティック・リーダーシッププログラム ATAIRU」の日本代表に就任。
世界的にも女性役員登用率の高い欧州にて、IBM、Google、HP、Lenovo、SwissRe等の役員女性及び、女性リーダー達へのトレーニングに日本代表として参画。
 
現在、自然体で満たされたリーダーシップを実現する、新しい女性エグゼクティブ養成に情熱を注ぐとともに、自身も「プライベートとキャリアの幸せな調和とリーダーシップ」を体現するひとりとしてグローバルに活動を展開している。
  

メッセージ

生き方・働き方の選択肢も、女性が自分の才能を発揮して輝きたいと望めば、リーダーシップを発揮できる機会も多く得られる豊かな時代に私たちは生きています。
多くの選択肢があるということは「あなたはどうありたいですか?どう生きたいですか?」という問いに自分なりの答えを見つけ、主体的に生きることが必要になります。
そこには無限の可能性と喜びがあると同時に、「私はこう生きたい。何故ならば・・・」と自分の生き方・働き方を「選ぶ」「創る」という選択肢があるからこそ、新たな悩みや葛藤も生まれる。
 
私は、これは豊かさ以外の何物でもないと思っています。
一人一人の女性がより本質的に自分の人生に直面し、模索しながらも、道を見つけ、創っていく時代。
女性自身の輝きを女性本人が責任を持ち、より強く内からの輝きを放っていくとともに、その女性たちの力をどう会社に社会に生かし、発揮できる環境を作り上げていくのか。企業にとっても新たなあり方を模索し創り出す、とても面白い時代に私たちは生きています。
これからの時代は、選択し、創り出していく時代です。
主体性の力。女性が男性を真似たリーダーではなく、あなただからこそのリーダーとして輝くことで生まれる調和とイノベーション。
現在グローバルで女性活躍ボトムにいる日本から、日本だからこその真の女性リーダーが誕生していく社会に変革していくこのプロセスには、希望と面白さが満ちています。
 
今回、有香さんをお招きして、ざっくばらんに本音でこれからの女性リーダーのあり方について、そして、今日本が直面している課題や、次の企業のあり方について当日は議論をさせて頂きます。
 
いつも真っ直ぐに全ての言葉に魂が宿り、毎瞬毎瞬、自分を生きている有香さんの言葉の清々しさ、
時に人がオブラードに包んで、光をあてることのない社会に蔓延する「何か」にすっと切り込んでいく、ジャーナリストとしてのシャープで誠実な視点。
お話の内容はもちろん、谷本有香という唯一無二の自分を清々しく生きる女性リーダーそのものから発せられる空気に触れに、そして、共鳴する自分の中の何かを見つけにいらしてください。
当日は、有香さんとの対談、そして、皆様と同じ時を過ごせることを、心から楽しみにしております。

推薦者の声



一般社団法人 日本適性力学協会
代表理事 宇敷珠美

日本の女性はもっとやりたい放題に自分自身の人生を生きていいと思っています。
 
有香さんと治子さんとの出会いは、私がチャプターディレクターを務める「Startup Grind東京」の対談イベントで有香さんをゲストにお招きした時でした。対談相手に治子さんをキャスティングしたのです。
 
この二人を引き合わせたら、素晴らしいことが起きるだろうと予感をしてのことでしたが、その後有香さんはForbes Japanの副編集長としてますます手腕を発揮、そして治子さんは欧州より女性リーダー育成プログラムを日本に導入して当に女性リーダーたちを育成中。それぞれに自分の情熱と才能を余す所なく発揮され、自分の道をまっすぐに輝き続けています。
 
これからの日本を考えるとき、女性なしでは語れません。そんな女性リーダーの将来を考えるとき、自分はどう生きていきたいのかを考えるとき、この二人から学ぶことは山ほどあります。
 
そんな二人の掛け算が身近で体験できるイベントが再度開催されます。「頭が切れて」「言いたいこと言い」ますが、本当に「誠実なメッセージ」を持っているお二人です。当日の対談が楽しみでなりません。
 
日本の女性トップリーダーが、今「何」を感じているのか、そんな二人がぶつかり合うとどんなインパクトが生まれるのか。好奇心旺盛で「私は絶対人の上に立つ人間」という貴女(笑)、見に行きましょ!

ATAIRU創設者
ラドゥカ・ドナロヴァ

ATAIRU考案者のラドゥカ・ドナロヴァはリーダーシップへの新しい取り組みを通じて社会を変革することを目指している、グローバルリーダーです。
ヨーロッパのメディアにもしばしば取り上げられ、20代の若さでヨーロッパを席巻。母国のチェコでは彼女を知らない人はいない程幅広く認知されています。
 
では、なぜラドゥカはこのような取り組みを始めたのでしょうか?
国連・マッキンゼーとキャリアを積んだ後、MBA取得のために在籍した、ハーバードビジネススクール在学中の研究が大きく影響しています。
ここで彼女は、仕事上の成果のみならず、心の充足をも兼ね備えて成功をした、「満たされて成功したリーダー」の調査を行い、多数事例を蓄積いたしました。
しかも、そのリーダー達は、「最小限の力で最大の効果を上げている」ように見受けられたのです。
 
「なぜ彼らは軽やかに、最小限の力で、最大級の成果を生んでいるのだろうか?」
ラドゥカの中に、ひとつの疑問が生まれました。
 
ちょうどその頃、ラドゥカに第二子となる男の子が誕生しました。生まれてきた息子は、治療法が確立されていない先天的な脳の難病を抱えておりました。「何のために私は生きているのだろうか?」彼の誕生は、ラドゥカの中で新たな疑問を生みました。そして、当時進めていた研究も相まって、「いわゆる『成功した人』だった自分自身は本当に満たされた成功をしたのだろうか?」という自問自答が繰り返されるようになりました。
 
「どのようにしたら、満たされて成功するリーダーを増やすことができるだろうか?」
そのような経緯から、幸せと成功の関係性に着目し、「幸せに満たされながら成功するためのリーダーシップ論」を模索し始めます。そして、調査分析の末、生まれた答えがATAIRUの中核を担う概念でもある「オーセンティックリーダーシップ」です。ハーバード大でMBAを取得したラドゥカは、再びマッキンゼーに戻ります。
そして2013年、遂に女性リーダー対象のリーダーシップに特化したATAIRUを設立いたしました。
 
ラドゥカの綿密な調査に裏付けされたリーダーシップ理論は、受講した女性リーダー達の変化にすぐに現れ、たちまち欧州のグローバル企業を魅了いたしました。
「才能」「情熱」「目的」を明らかにし、「パーソナルライフ」と「プロフェッショナルライフ」を統合した結果、仕事も家庭も共に満たされ、成果を出す女性が続出したからです。
 
ATAIRUが、現在も年間500名の女性リーダーをエンパワーし続けている事実からも、企業の厚い信頼を得ていることがおわかりいただけると思います。

満員御礼(募集終了)
定員になりましたのでお申し込みを締め切らせていただきました。
誠にありがとうございました。

ATAIRU JAPAN 特別企画 谷本有香×川嶋治子 女性リーダー特別対談

日     程 : 2017年2月20日(月)19:00〜21:00
会     場 : 紀尾井フォーラム
主     催 : ATAIRU JAPAN
事  務  局 : ウーマンズリーダーシップインスティテュート株式会社
電 話 番 号 : 03-6311-7400(代表)
E メ ー ル : jimukyoku@womensleadership.co.jp

ATAIRU JAPANについて

国際的学習機関ATAIRUの日本組織。
米国・欧州での調査結果に基づいた女性が真のリーダーシップを発揮するための「新しい時代の女性リーダーシッププログラム」を提供している。欧州では500名を超えるグローバルトップ企業女性役員がトレーニングを終了し、その影響力は社内だけにとどまらず、ビジネス界にインパクトを与え続けている。日本では2016年9月に第1期となる女性リーダー育成プログラムが開講した。日本から世界に誇る女性リーダーを輩出するため、女性リーダー育成プログラムはもちろんのこと、世界的に活躍する女性リーダーインタビューシリーズのオーガナイズも手掛ける。
 
ATAIRUオーセンティックリーダーシッププログラム導入実績(グローバル)
Google、IBM、McKinsey&Company、Deloitte、HP、Lenovo、NN、Microsoft、Johnson & Johnson、Nestle、SAB MILLER他

お申込について

お申込受付後、ご入力いただいたメールアドレスに受付通知をお送りします。
※受付通知が届かない場合、受付されていない場合がございます。
3日以内(土・日・祝祭日除く)にメールが届かない場合には、セミナー事務局までお問い合わせください。

イベントのお支払について

ご入金確認をもって、正式なお申込となります。
お申込費用は、お申込日から10日以内(土・日・祝祭日の場合、その前日)に指定の銀行口座にお振込みください。
開催日10日前以降にお申込みをされた場合には、申込日から3日以内 (土・日・祝祭日除く)にお振込みください。
 
※お支払期日までにご入金の確認ができない場合には、キャンセル受付となりますので、ご了承ください。 尚、ご都合によりご入金が期日を過ぎる場合には、セミナー事務局までご一報ください。
※イベント詳細ページにお支払期日などの記載がある場合には、イベント詳細ページの内容に従ってお振込み手続きを行ってください。

 
ご入金確認後、ご入金確認メールをお送りします。
お振込み後、3日以内(土・日・祝祭日除く)にご入金確認メールが届かない場合には、事務局までお問合せください。

キャンセルおよび返金について

ご入金前のキャンセル
受付通知メールに記載のURLからキャンセルいただけます。
 
ご入金後のキャンセル
ご入金後のキャンセルおよび返金は、いかなる理由においてもお受けできません。
 
※ご入金の際には十分ご注意ください。

お問合わせ

事務局までメールにてお問い合わせください。
jimukyoku@womensleadership.co.jp

主 催:ATAIRU JAPAN
事務局:ウーマンズリーダーシップインスティテュート株式会社